マッチ棒のピックアップ書庫

アクセスカウンタ

zoom RSS アイドレス日記(久々):ぼっちでもできることがあるよ(僕の場合はプログラミングでした)

<<   作成日時 : 2014/04/16 06:58   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

 久々のアイドレス日記です。

 アイドレスは「いつものようにバグッた展開に、保守本道の戦力を突っ込んでの真っ向勝負。なんとか勝ちをおさめる」といういつもの展開。
ただし、今回の迷宮騒動では部隊編成に溶融される難易度が強烈に難しくなった関係で、数々の対応が今後の戦闘に向けて必要だろう。
という結論に至りました。

 そこで芝村さんはこんな対策を出しました。
 「編成人数を増やそう。編成できる士官を増やして小規模なイベントはこのさいそれらミニ士官にまかす。」
 「編成の技術者は少ないので、編成技術者が編成技術者を助教として育てる会を作ろう。」
 「人を育てるには課題が必要だ。編成用課題、作戦指揮用課題などを芝村が用意するので、これを各自やること。助教は講義で質問に答えてやれ」

 いつもの負けない芝村さんは健在でした。」準備おさおさ怠りなし。ですね。

さて、僕はと言えば、しばらく僕とネットゲームの間で起きた事件で、かーなーりーやる気を落としていましたが、
今回の発布を受けて、僕でもできることがあるじゃないか。というのを発見しました。
僕みたいなアイドレスぼっちでもできる作業です。

当初は国の編成に参加できる程度のスキルアップを考えましたが、
編成参加した場合、ほか国のの編成参加者ともやり取りをせねばなりません。
ほか藩国の国民、藩国国民などからもそっぽを向かれている現状、(らしいです。多分)せめてできることを考えました。

それはプログラミングです。僕がAの魔法陣の黎明期からやっていたゲーム支援ツールづくり。あれなら、みんなの邪魔にならずに、僕が楽しく作業ができ、
ついでにみんなの役に立つかもしれない。なに、僕を嫌ってる人はそもそも僕製ツールなんて使わないでしょうし、自作でなんとかしていることでしょう。

というわけで、作りました。

<エントリー管理システム>
http://www.geocities.jp/goyama_2744/furiewake.html

 イベントエントリーを受けて、エントリーされたメンバーを各種イベントに振り分け、簡単な戦力計算までやってしまうツールです。 

 使い方は上下のテキストエリア枠に所定のテキストをコピペしてボタンを押していくだけです。
 貼付けるべきテキストは、
 ・イベントタグ一覧
  ……イベントタグデータを貼付けます。このデータから、「イベントno」「必要タグ」「戦力」「勝利数」「大勝利〜惨敗までの判定結果」などを取得しています。
 ・エントリーデータ
  ……イベントにエントリーしてくれた人全員のエントリーデータです。国民番号と名前(藩国名不要)、データ根拠urlだけあれば結構です。
   エントリーデータを貼付けるテキストエリアの近くのボタンを押すことで、
   データベース「太元」の迷宮フィックスデータから、
   迷宮事件フィックス後のキャラクターデータのうち、イベントタグに必要な能力のコマンドリソースを追記します。

だけ。あとは各ボタンを押すだけで勝手に、
 ・エントリーデータに、今回判定するイベントタグにて要求されている能力群に最適な能力を自動判定してキャラクターにひも付ける
 ・エントリーデータ保有のイベントタグ要求に最適な戦力を持つキャラクターを各イベントに振り分ける
 ・各イベントタグ内で各キャラクターが「何ランクまでで」「何章利点を得られて」「合計勝利点はいくつか」を自動計算する
を、やってくれます。
 技術的なあれそれはいったんおいておくとして、これだけあれば、編成作業はだいぶ楽になるんじゃないかな。と考えています。

<受付掲示板>
https://docs.google.com/forms/d/1sC6EszDX2ENXDZyn2qhj_MlDKM7QozkC0KTLrC0otbo/edit?usp=sharing

 物々交換やイベントエントリー、その他申請作業とそのまとめ作業について入力フォームと集計結果を自動生成する入力フォームです。 
 Googleドキュメントの機能を使っています。
 上記入力フォームのメニューから、自分のGoogleドキュメントにコピーして使います。

 使い方は、入力フォームの内容をアイドレス関連で募集したい内容に修正して、
初期登録で結果がまとまるスプレッドシートを設定して、(メニューから簡単操作でできます)
ライブフォームを公開するだけです。
ライブフォームの結果はスプレッドシートで公開もできるほか、数ステップでとりまわしのよいcsvファイルとして表示させることも可能です。


以上! とりあえずこれだけあれば、
 1. アイドレス3イベント開示→イベントクリアに必要な戦力の算定
 2. →アイドレス参加者のエントリーフォーム作成→エントリー状況の確認、戦力分析
 3. →シミュレーション→戦闘結果証明書作成→イベント本番
のうち、1、2、は比較的簡単に進められるんじゃないかな。と考えています。

今後としてはそうですね。やはり設計、実装だけでは机上の空論めいたツール群になってしまいます。
編成担当経験者のレビューや現行の編成作業担当者のレビュー、アドバイスなどを受けて、「枯れて」おかないと、いけません。


ぼっちだけど、聞き込み回りにがんばってみます! 見かけたら協力してくださいね〜




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス ナイス
アイドレス日記(久々):ぼっちでもできることがあるよ(僕の場合はプログラミングでした) マッチ棒のピックアップ書庫/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる